日本では高校生を除く18才以上の方からクレジットカードを作成することが出来ます。ただし親の同意が必要になります。未成年の方がクレジットカードを作るときにどんな事に注意が必要なのでしょうか。

未成年がクレジットカードを作るには?

未成年がクレジットカードを作るには親権者(両親など)の同意がどうしても必要になります。法律で未成年は制限行為能力者としてカテゴライズされており、経験がまだ十分ではないためにいつでも社会的な契約を解除することが認められています。つまりクレジットカードを作っても支払いが滞ったときに、すぐに契約を解除できてしまうのです。

このような権利が法律で守られている未成年に、クレジットカード会社は怖くてカードを与えることが出来ないのです。しかし、親からの同意を得るなら未成年者は制限行為能力者のカテゴライズから外されることになり、簡単に契約を解除できなくなります。契約をきちんと履行してもらうためにクレジットカード会社は親の同意を絶対条件にするのです。

未成年者が自分の名義でクレジットカードを持つには18才以上で高校を卒業していなければいけません。申し込み方法はインターネットを使った申し込みが一般的です。

親の同意を得ていることを証明するための書類が送られてくるので、親に署名捺印してもらって再送付しましょう。もしくはクレジットカード会社から親に直接確認の電話がかかってくることがあります。

高校生や中学生でもカードは作れるの?

まだ在学中の高校生や中学生はクレジットカードを作ることは不可能なのでしょうか。クレジットカードを作ることは出来ませんが、クレジットカードのような機能を持っているカードを作ることは出来ます。

それはデビットカードというもので、支払いをしたときに直接自分の口座からお金が引き落とされるカードです。クレジットカードというのは支払いを先延ばしに出来ますが、デビットカードは即時払いです。デビットカードは無料で作れますし、支払いをすることによってクレジットカードのようにポイントを貯めていくことが出来るので便利です。

残念ながら中学生はデビットカードを作ることが出来ず、高校生からとなっています。しかし、中学生でもプリペイドカードを作ることは出来ます。プリペイドカードは事前にお金をカードの中にチャージしておくものです。

クレジットカードのようにポイントも貯まりますし、インターネットショッピングなどに使うことも出来て役立ちます。各クレジットカード会社から発行されていますのでチェックしてみましょう。

未成年にクレジットカードは必要なのか?

未成年がクレジットカードを持つ意味はどのようなものなのでしょうか。最近はインターネットで買い物をする機会が増えました。家庭の消耗品や食材などもインターネットで注文することが多くなりましたし、スマートホンなどで簡単に変えるようにもなっています。

未成年でもインターネットショッピングをする機会が増えています。インターネットショッピングでは銀行振り込みを使ったり代金引換だったりいくつかの支払い方法がありますが、クレジットカード払いのほうがポイントも貯まるのでお得です。銀行振り込みは振込手数料がかかってしまうので負担が大きいですが、クレジットカードなら手数料がかかりません。

月々の固定費も未成年であってもかかってきます。携帯電話やインターネットのプロバイダ料金などがかかってきますが、クレジットカード払いにするならポイントを引き落としの度に獲得していくことが出来ます。

未成年はどんな点に注意すべき?

未成年がクレジットカードを使うときに注意すべき事は使いすぎです。クレジットカードを申し込むときには希望限度額を最初は一番低く設定するようにしましょう。キャッシング機能なども簡単に使ってしまうと後で返済に苦労しますので、使えないようにしておくことをおすすめします。希望限度額やキャッシング額をゼロにしておくと審査に通りやすくなります。

クレジットカードで買い物をしたときには一括払いをいつも選ぶようにしましょう。月々同じ金額だけを払っていけば良いリボ払いにしてしまうと、使いすぎてしまったり高額な手数料の支払いが大変になったりします。

一括払いだけで利用すると高い買い物をするときによく考えるようになりますし、貯金をする方法を学んでいくことも出来ます。希望限度額を設定しているからと言って、その限度額まで使わないように気をつけることも大切です。こまめに利用明細書をクレジットカード会社のサイトで確認して上手にカードを使ってください。

まとめ

未成年でもクレジットカードは作れますが親権者の同意が必ず必要です。クレジットカードを持つメリットはいくつもありますし、学生であっても作れるカードがありましたので、親と相談しながら自分に必要なカードを作って快適なショッピングを楽しんでいきましょう。