学生の時から使うことの出来るクレジットカードですが、使いすぎが怖くて作るかどうか迷うことがあるかも知れません。クレジットカードを持つことのメリットとデメリットをきちんと理解しておくなら作るかどうかを決めるのに役立つことでしょう。

クレジットカードを持つメリット

クレジットカードで買い物をするメリットは大きく2つあります。

  1. ポイントが付く
  2. 支払いが翌月以降

クレジットカードのメリットの一つは買い物をするごとのポイントが貯まることです。現金で10万円分の支払いをしても手元には何も残りませんが、クレジットカードで支払いをするとポイントがしっかり貯まっていきます。最近ではクレジットカードで支払いが出来るところが増えていますので、食事をしたり買い物をしたりするときにすべての支払いをクレジットカードにすることが出来ます。

もう一つのメリットは支払いが買い物をした日ではなく、翌月以降になるという点です。手元に現金がなくても支払日は次の月の中旬だったりするので気軽に買い物を楽しめます。そうすると使いすぎが怖いとかもしれませんが、買い物が出来る限度額を設定できるので安心です。

クレジットカードでたくさんの支払いをしていると、すべての支払いを同じ日にすることが可能ですし、明細書で支払いを一覧で確認できますので、会計の管理もしやすくなります。節約も上手にしていけるようになるのでお得です。

クレカは現金よりも安全面で優れている?

支払い面ばかりのメリットでは無くショッピング保険などが付くので安心して買い物が出来ます。ショッピング保険というのはクレジットカードを使って買った物が盗難に遭ったときに、その品物の購入金額が補償されるのです。現金で買っていたらこのような補償を受けることが出来ませんが、クレジットカードならいざというときに安心です。

盗難だけでは無く火事による被害や過失による故障などにも対応している保険がありますので助かります。他にも財布を盗まれたときに、クレジットカードなら被害を最小限に抑えることが出来ます。クレジットカードでほとんどの支払いをしているとお財布に入れておく現金は少なくて済みます。

もし財布を盗まれたり無くしたりしても失う現金は少なくなります。クレジットカードを持っていなければたくさんの現金を失うことになるでしょう。財布がなくなってもクレジットカードなら、すぐに使用停止の依頼をカスタマーセンターに依頼すれば対応してくれますし、仮に不正使用されてもその分の料金は補償されます。

クレジットカードのメリットを活かす使い方

これらのメリットを上手く活かしながらクレジットカードを使うにはどうしたら良いのでしょうか。メインで使うクレジットカードを一つに絞るようにしましょう。いくつものクレジットカードを使ってしまうと、ポイントが分散してしまって効率よく貯めていくことが出来ません。支払いの明細書もいくつものクレジットカード会社から送られてくるので家計の管理も複雑になってしまいます。

紛失のときの補償もカードによって違うので、補償が手厚くないカードの買い物でトラブルがあったときなどに悔しい思いをします。出来るだけメインで使うカードはポイント還元がよく、補償が手厚いものにしましょう。

しかし、クレジットカードを一枚しか持たないのは不安です。何かのトラブルでメインのクレジットカードが使えないことがありますし、まれにメインクレジットカードの国際ブランドが使えないところもあります。

万が一のためにサブで使うクレジットカードを持っておきましょう。サブカードは時々しか使わないカードなので年会費が無料のものだったり、特定のホテルやレストランで特典が受けられるものなどを選ぶのがおすすめです。

メインクレジットを選ぶときに覚えておきたいポイントは、毎月の固定費を払いながら効率よくポイントが貯められるものを選ぶことです。携帯電話の料金が毎月かかるならば、その携帯電話会社が発行しているクレジットカードをメインにすると効率よくポイントを貯められます。

クレジットカードの選び方!メインクレカとサブクレカ

クレジットカードのデメリット

クレジットカードを持つデメリットはどのようなものでしょうか。いつの間にか使いすぎてしまう危険があるのがデメリットです。自分が使いすぎてしまうのが心配なときは、前の項でも述べたように限度額を下げたり、こまめに利用明細を確認するようにしたりしましょう。

クレジットカード支払いにするとリボ払いを選べることがありますが、利息が高いので支払いの負担が増えることがあります。いくら買い物をしても月々の支払額が一緒なので楽に見えるものの、利息分の支払いも含まれるため完済するまでに長い期間かかってしまいます。

キャッシングも気をつけたいクレジットカードのデメリットの一つです。少ない金額をキャッシングしてすぐに返すなら金利も少なくて役立ちますが、高額なキャッシングをするとキャッシングの返済とクレジットカード利用の返済の2重の負担がかかるので気をつけましょう。

まとめ

このようにクレジットカードのメリットとデメリットを考えると、クレジットカードを自分が作っても大丈夫かどうか判断することが出来るでしょう。安心してクレジットカードを利用するためにもこれらの情報を参考にしてくださいね。